2013.04.25「アルファマガジン.com」メルマガ(創刊号)

公開日時:2013/04/26

NICのメルマガが新しくなりました!コーナー一新!「プラスアルファ」の情報をお届けします!


 

□ アルミフレームに”プラスα”を提供し続ける □

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ +α

◆◆ NIC アルファマガジン.com ◆◆

2013.04.25(木)  創刊号【Vol.001】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://alfaframe.com

こんにちは。NICメルマガ編集部です。

今までお届けしていたメルマガが、このたび「NICアルファマガジンとして、生まれ変わりました!!

本日はその記念すべき第1号を、こうして皆さまにお届けしております。

この日を無事迎えられて、編集部一同、ホッとしつつも、どんな反響があるか、ドキドキソワソワ…。いつにない緊張感を満喫しております。

さてさて、新しいメルマガのタイトルはどうするか?  編集部内でもいろいろなアイデアを出しまくった結果、「NIC アルファマガジン」に決定いたしました。

そこには、当社が開発したアルミフレーム「アルファフレームシステム(ALFA FRAME SYSTEM)」の「アルファ」と、エンジニアの皆さんのお役に立てる「プラスα」の情報をお届けしたい!という、熱き思いを込めて名付けました。

メルマガのリニューアルに伴いましてメルマガ専用ブログ

【NICアルファマガジン.com】 http://alfaframe.com/

も、開設いたしました! これからはブログとも連動して、より「濃く」て「HOT」なお役立ち情報をお届けしてまいりますので、合わせてお楽しみください。

それでは、記念すべき「NICアルファマガジン」創刊号、  どうぞ最後までゆっくりとお楽しみください。

--------------------------------------------------------------------

◎このメールは、等幅フォントでの表示を想定して作成しております。

罫線などが崩れて表示される場合は、メールソフトの表示フォントをMSゴシック(Windows)や、Osaka-等幅(Mac)に変更してご覧ください。

--------------------------------------------------------------------

 

━【目次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】NIC アルファTOPICS

【2】ズバッと解決!アルミフレーム Q&A

【3】発見☆こんなところにアルミフレーム

【4】あるふぁ博士と学ぶ アルミフレーム豆知識

【5】NICおーっ!とテック物語

◎編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃【1】┃ NIC アルファTOPICS

┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、旬でHOTなNICニュースをピップアップしてお届けします。今月のニュースはこちらの 2 つ!!

 

┏┓

TOPICS[1]

┗■──────────■┛

通販サイト【NIC Direct(NICダイレクト)】に 76 アイテム追加!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

“ネット販売価格”にてご購入!

24 時間 365 日オーダーできる!

便利な機能満載のWeb販売サイト『NIC Direct(ダイレクト)』に  【 76 アイテム】の商品を追加しました!

「2013 / 2014 版」総合カタログ掲載の新商品はもちろんのこと、今回は特に「高剛性シリーズ」のラインナップが充実しました。この機会にぜひ、ご活用いただければと思います。

■■………………………………………………………………………………

■■ 皆さまのお役に立ちたい【 NIC Direct 】

■■ >>> http://www.nic-direct.jp/

■■………………………………………………………………………………

 

◎通販サイト【NIC Direct】からのお願い 〜ご登録のメールアドレスをご確認ください〜

日頃より NIC Direct をご利用いただき誠にありがとうございます。 ここで、NIC Direct よりお願いがございます。

【NIC Direct】では、ご購入いただいたすべてのお客様には  ご注文に関する大切な情報を“自動返信メール”にてお送りしております。

ところが!!

会員登録の際に入力していたているお客様メールアドレスに誤りがありますと、その大切な情報をお手元に届けることができないのです。

また、NIC Directよりお問い合わせ頂きましたメールにお応えする事も出来ず、お客様と連絡がとれない事もございます。お客様情報入力の際は、今一度ご確認をお願いいたします。

このメルマガを読んでくださっているという事は、正しく登録されているので、再度ご確認いただく必要はございませんが もし、皆様の周りで「NICから何も連絡が来ない」などのお声が聞こえましたら、そっとお伝えいただけると幸いです。

 

◎皆さまの“ダイレクト”な声をお聞かせください!

更なる品揃えの充実やサービス改善に反映していきますので「この商品をDirectで購入したい」「あんなサービスがあればいいな」   など、どんなことでも結構です。お気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせフォームはコチラ!

http://alfaframe.com/inquiry#ENQCGI#

┏┓

TOPICS[2]

┗■──────────■┛

ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4 月 27 日(土)からゴールデンウィークに突入しますね。当社はカレンダー通りの営業となりますので、土曜・日曜・祝日が  お休みとなります。休日でも 24 時間、メール・Faxはお受けできますが、翌営業日より随時対応となります。

●ゴールデンウィーク中のご対応

4/27(土)〜 4/29(月) 休業 → 4/30(火)より随時対応

5/ 3(金)〜 5/ 6 (月) 休業 → 5/ 7(火)より随時対応

なお、Web販売サイト「NIC Direct」も同様でございます。皆さまにはご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。

 

┏━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃【2】 ┃ ズバッと解決!アルミフレーム Q&A

┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、お客様から寄せられた質問をひとつ取り上げ、毎回「ズバッと」お答えしていきます。

記念すべき第一回目は、シンプルながらも意外と多くよせられるこんな素朴な疑問に、スポットを当ててみました。

 

【Q】御社の製品を購入したいのですが、個人でも購入できますか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【A】もちろんです! まずは下記フォームより「お見積」をお問い合わせ ください。

お急ぎの方は、お電話やFAXでも受け付けております。

>>> http://alfaframe.com/qa/199.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NICでは既製の製品販売から、製品の開発までを行っており、専用形状の製作も可能です。

「ズバリ!これが欲しい」というものから、「この製品のちょっとココをアレンジして…」といったリクエストにも柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽に下記のフォームよりお問い合わせ下さい。

▼お見積&お問い合わせフォームはコチラ!

http://www.nic-inc.co.jp/contact/ask/index.html#ENQCGI#

また、お急ぎの方は、電話やFAXのお問い合わせも承っております。下記ページをご参照の上、お近くの営業所へご連絡ください。

http://www.nic-inc.co.jp/contact/index.html#ENQCGI#

 

◎個人のお客様に朗報♪

「NIC Direct(NICダイレクト)」でもっとカンタン・便利でお得にご購入!!

お客様にもっと手軽にアルミフレームを使っていただきたいという思いから、「NIC Direct(NICダイレクト)」という名のWeb販売サイトを立ち上げ  ています。「NIC Direct(NICダイレクト)」なら 24 時間 365 日いつでもオーダー可能。しかもお得な「ネット価格」にてご購入いただけます!  ぜひご利用ください。

\\★「NIC Direct(NICダイレクト)」はコチラ!★//

http://www.nic-direct.jp

 

◎皆さまからの質問を熱烈大募集いたします!

普段もやもやしている小さなことから、製品に関する専門的な質問まで、アルミフレームに関するお悩みやお困りごとがありましたら、どんなことでも結構です。当メルマガにお気軽にお寄せください。皆さまからいただいた「生の声」を、「アルミフレームのプロ達」が心を込めて回答&解説いたします。

<ご相談受付はコチラ>

↓↓↓↓↓↓↓

http://alfaframe.com/inquiry#ENQCGI#

 

┏━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃【3】 ┃ 発見☆こんなところにアルミフレーム

┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、毎回、身近なところに使われているアルミフレームにスポットを当てて、「へぇ〜、アルミってこんな使い方もあるんだ〜」 という新しい発見を、皆さんと一緒にして行こうと思っています。

私たちNICが「アルミフレームのプロ」となったのも、日々様々なアルミフレームに囲まれて、実際に使っているからこそ!

そんなユーザー目線で、アルミフレームの「いいところ」を軽いタッチで語っていきたい。そんな風に思っています。

本格稼働は来月、5 月号から!  ただ今、編集部一同、準備の真っ最中です。

さぁて、どんなアルミフレームの話が飛び出すか?!  乞うご期待です!!

 

┏━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃【4】 ┃ アルファ博士と学ぶ アルミフレーム豆知識

┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーは、「アルファ博士」と一緒に、アルミフレームの基礎から一緒に学んで行こうというものです。アルミフレームの特徴はもちろん、隠れた魅力や思わぬ弱点。さらには賢い使い方やお手入れ方法まで、幅広く取り上げて行きたいと思っていま  す。毎月なんとな〜く読んでいるだけで、あなたの中の「アルミ度」は、確実にUP!(笑)

◎アルファ博士って?!

本名はアルフレッド・ジュラール・アルミンマイヤー公爵。実は、アルミィ国王の血縁にあたる高貴なご身分なのだが、幼少のみぎりから金属の魅力にどっぷりはまり、国を治めるよりも、知識を修める道を選ぶ。アルミニウムをこよなく愛し、ほとばしるパッションとともにアルミの魅力を熱く語ってくれる。知識の泉を持つがごとく、ほとんどの質問に的確に答えるも、根が真面目でピュアな性格なため、助手の「あるる」が繰り出す天然な質問や鋭いツッコミに、度々オロオロする姿を見せるが、そこがまた博士の愛らしい魅力だったりもする。

▼アルファ博士はこんな顔!!

http://alfaframe.com/mame/158.html

 

◎今月の豆知識は?

アルミフレームってなに?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アルミフレーム豆知識の第一回目は、基本中の基本、「アルミフレームの  特徴」に迫ってみたいと思います。

アルミニウムは原子番号 13、元素記号 Al。一般的には単に「アルミ」と 略されて呼ばれる事が多いのは、皆さんもご存知の通りです。人類の歴史の中でアルミニウムは新しい金属で、鉄は紀元前 18 世紀頃から 使われていたのに対し、アルミニウムが発見されたのは 19 世紀初め。大量生産できるようになったのは、なんと 20 世紀半ばになってからなのです。

あるる「へぇ〜、そんなに新しいなんて、全然知らなかったあるる〜」

博士「ま、アルミは或る意味 20 世紀の申し子じゃな」

あるる「博士、それってシャレですか…」

一般的に「アルミ」というと、軽いけれどやわらかくて弱い---  そんなイメージを思っている方も多いのではないでしょうか?

実際に素材としてはやわらかく、同じ寸法であれば鉄よりはるかに弱いのも事実です。しかしながら、重さは鉄の約35%と軽量であり、熱伝導性、電気伝導性が良く、加工しやすい材料なのです。

◎鉄の橋 VS アルミニウムの橋

突然ですが、ここで 2 mの川に橋をかけてみたいと思います。

あるる「え? いきなり? 橋ですか?」

博士「そうじゃ、橋じゃ。橋を架けると、鉄との違いがよーくわかるようになるんじゃよ」

あるる「…はぁ…」

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

えっ?! 橋?!   鉄の橋とアルミの橋、何がどう違うのか?

▼気になる続きはコチラ▼

http://alfaframe.com/mame/139.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 

┏━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃【5】 ┃ NICおーっ!とテック物語

┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーは、「NICオートテック」という会社のことを、もっと皆さんに知っていただきたい!をコンセプトに、会社の歴史、製品開発秘話におもしろ社員のとんでもニュース等、いろんな角度からお届けします。

記念すべき第一回は、やはり「当社がなぜアルミフレームを扱うことになったのか?-」---というあたりから、お話していきたいと思います。それでは、はじまり、はじまり〜。

@ @ @ @ @

時は昭和の終わり。バブル経済が本格的に花開き、日本中が「なんか景気が良くなって来たな」と感じ始めていた頃のお話です。

現在のNICオートテックは150名を越える従業員がおりますが、当時は総勢15人の小さな所帯。その頃は主に、工場内の加工工程で、部品を機械から機械へ無人で運ぶ省力化設備を請負で作っておりました。

◎お客様の声に応える“NIC気質”が生み出したもの

しかしながら、職人気質ならぬ“NIC気質”はその頃から健在で、単に製品を納めるだけではなく、「お客様のご要望とあらば、 可能な限り応えたい」という思いを常に持っておりました。

お客様も装置を使っているうちに、「途中で検査をしたい」「ここで部品を  洗いたい」「ここでは部品を溜めたい」といった新たな要望が生まれてくるもの。そういうご相談を受けるたびに、“生産ラインは生き物”なんだと気づかされ、現場のニーズに合わせて絶えず改良を加えていくこと、そして  生産性向上できる装置を提供することこそ、装置屋のミッションなのだと  改めて思うのです。

私たちもそういったお客様の「生の声」に誠心誠意応えようと、「じゃ、こうしたらどうですかね?」「ここに洗浄機を入れると後工程で品質向上しますよ…」 と提案しているうちに、ふと気づけばお客様のニーズに合った「自動化装置」を作るようになっていたのです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

NICの職人気質が生み出した「自動化装置」はなぜ「アルミフレーム」へと変化を遂げたのか?

▼続きはこちら!▼

http://alfaframe.com/column/211.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 

◎編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メルマガ編集部キャプテンを任せられました『あるっちゃ』です。

新しく生まれ変わった「アルファマガジン」いかがでしたでしょうか? コーナーだてやブログとの連動…。何もかも初めての試みなので、 編集部の中は2月頃からソワソワしはじめておりました。 迫りくる締切日まで悪戦苦闘し、やっとの思いで配信出来た今なお緊張 マックス! このドキドキ感は、こうして配信が終わった後も、しばらくは 続きそうです(笑)

それにしても、こうやってチームで真剣に取り組んで仕事するのって 小さい頃からやってるバレーボールと同じかもしれません。 一人じゃ出来ない事も、チームとなると団結して目標に向かって まっしぐら↑↑↑

あっ。もちろん、仕事優先(?!)ですよ(汗)

バレーボールもメルマガも、チームワークがいちばん! 今、こんな良い仲間と一緒に仕事が出来る事に幸せを感じております。

ってなことで、これからも「声を出して」元気よく行きたいと思っています ので、改めて、これからもどうぞよろしくお願いしますちゃ♪

 

---------------------------------------------------------------------

最後までお読みいただきありがとうございました。今後とも、エヌアイシ・オートテック株式会社をよろしくお願いいたします。

エヌアイシ・オートテック株式会社 < http://www.nic-inc.co.jp/ >

〒135-0063 東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビル

TEL:03-5530-8060 E-Mail:tokyo@nic-inc.co.jp

---------------------------------------------------------------------

バックナンバー